ホーム > 診療案内 > 外来診療のご案内 > 専門外来のご案内

膠原病外来

 
膠原病とは・・・
本来自分の体を防御するための免疫が過剰に反応したり、異常な働きをすることによって、血管、皮膚、筋肉、関節、内蔵などの結合組織に対して同時多発的に発熱や関節痛などの様々な炎症を起こす疾病です。

【症状】
膠原病は一般的によく知られている病気ではなく、その初期症状もまちまちで、風邪やその他の病気と間違いやすいのが特徴です。
膠原病の多くは、割合から見て若い女性がかかりやすいようです。
具体的には、37度前後の微熱が続くことが多く、午前中だけとか、風邪とはちょっとちがった発熱の仕方をします。38度以上の高熱が何日も続く場合もあります。
インフルエンザのような関節の痛みがあちこち同時に発生したり、場所を移動して発生したり、朝、手指の関節がこわばって動かしにくいなど筋力が急に低下することもあります。
また、発疹(ブツブツ)や紅斑(あざのように赤くなる)が体のあちこちに現れ、痛みを伴う場合もあります。
このような症状がある場合は、専門医に診てもらいましょう。


【 専門外来 】
 毎週火曜日 14:00 - 17:00 ( 受付13:30 - 16:30 )
          井出医師(昭和大学病院 リウマチ・膠原病内科 名誉教授)
          林医師



頭痛外来

 
今日、頭痛に悩まされる患者様は多くいらっしゃいます。
様々な原因で頭痛は起こります。
頭痛の中には、くも膜下出血や脳腫瘍などの重大な病気が
隠れていることもあります。

主な症状として・・・
  ●片頭痛・・頭の片側、また両側に脈を打つような痛み。
  ●緊張型頭痛・・頭全体や後頭部が締め付けられるような痛み。
  ●群発頭痛・・決まった時期、毎日決まった時間で激しい痛み。

こんな症状があるときは専門医へ受診しましょう。
頭痛の原因が、生命に危険性があるかを見極めるべく、
詳しく問診、画像検査を行い、患者様へ適切な治療・改善への
アドバイスを行ないます。
上記の症状以外でもお気軽にご相談ください。

 【 専門外来 】 河村名誉院長
 毎週水曜日       14:00 - 17:00  ( 受付 13:00 - 16:30 )
 第2、3、4週木曜日    14:00 - 17:00  ( 受付 13:00 - 16:30 ) 
 毎週土曜日          9:00 - 13:00  ( 受付   8:30 - 12:30 ) 





  

もの忘れ外来

 
なんらかの原因で記憶や判断力などの脳の障害が起こり、
日常生活が送れなくなる脳の病気です。
認知症の中には、早期診断で治療をし、回復する可能性があります。
診断結果によって適切な対応で問題行動を防ぐことや、
進行を遅らせることも出来ます。
 
  ●もの忘れが多くなった
  ●意欲が低下することが多くなった
  ●時間や場所が分からなくなった
  ●今まで出来ていたことが出来なくなった
  ●性格が変わった

このような症状があればお気軽にお問い合わせください。


【 専門外来 】 河村名誉院長
 毎週水曜日       14:00 - 17:00  ( 受付 13:00 - 16:30 )
 第2、3、4週木曜日    14:00 - 17:00  ( 受付 13:00 - 16:30 ) 
 毎週土曜日          9:00 - 13:00  ( 受付   8:30 - 12:30 )